SGレース インフォメーション

SG RACE INFORMATION

  第38回日本選手権オートレース・12R優勝戦メンバー

発走予定時刻  16:06
距 離       5,100m(10周)
×  
×  
(8) (7) (6) (5) (4) (3) (2) (1) 枠番
木村武之 岡部 聡 濵野 淳 田中 茂 人見剛志 淺香 潤 永井大介 伊藤信夫 選手名
木村武之 岡部聡 濱野淳 田中茂 人見剛志 淺香潤 永井大介 伊藤信夫
浜松
26期
山陽
19期
山陽
24期
飯塚
26期
山陽
28期
伊勢崎
23期
船橋
25期
浜松
24期
LG
期別
0 0 0 0 0 0 0 0 ハンデ
(6)3.41
(1)3.38
(1)3.37
(2)3.34
(1)3.37
(1)3.36
(5)3.37
(2)3.37
(4)3.40
(3)3.38
(1)3.38
(1)3.34
(1)3.36
(2)3.37
(1)3.34
(2)3.35
(1)3.40
(1)3.35
(2)3.34
(1)3.37
(3)3.39
(3)3.37
(3)3.37
(1)3.37
(5)3.38
(1)3.37
(1)3.38
(1)3.34
(4)3.38
(1)3.37
(6)3.39
(2)3.37
今回成績
3.32
3.32
3.30
3.30
3.29
3.28
3.34
3.32
3.32
3.30
3.29
3.32
3.29
3.30
3.27
3.28
3.34
3.30
3.31
3.33
3.34
3.28
3.30
3.31
3.29
3.29
3.30
3.30
3.30
3.29
3.30
3.32
試走
タイム
0.25
0.18
0.08
0.10
0.14
0.10
0.08
0.12
0.19
0.18
0.16
0.10
0.15
0.12
0.06
0.11
0.11
0.05
0.11
0.07
0.17
0.13
0.11
0.13
0.15
0.11
0.14
0.14
0.12
0.12
0.12
0.10
スタート
タイミング
6/0 28/4 15/3 6/1 0/0 6/0 13/0 18/3 SG歴
優出/V

サンケイスポーツ・高山記者展開予想

昨年は雨の優勝戦となった選手権優勝戦だが、今年は願ってもな い良走路になりそう。田中茂のG戦4連覇か、岡部が晴れて連覇か、はたまた伊藤 信、木村武が地元タイトル死守か・・・。見どころの多い優勝戦だが、ここは SG14度目の優出で悲願のタイトル奪取を狙う永井に期待することにした。
  今シリーズは3日目を前にシリンダー、ピストンを交換し、大幅に パワーアップ。今年はすでに2GⅠを制しているとはいえ本来の外をグイグイまくる ほどの機力には仕上がり切らずSGでは泣かされてきたが、絶好調時の高橋貢とも互 角以上の勝負をした頃の仕上がりに戻っている。枠番抽選では希望のセンター枠とは いかず、2枠に苦笑も見せたが、スタートは切れているだけに、自信を持って行って ほしいところだ。
  もちろん3日目驚異の時計マークの田中茂もマシンをきっちり修正 してくるはず。永井と接戦を演じてくれそうだ。大外枠でもかまして先手を奪いにく る木村武、田中茂の攻めに乗って進出する浜野を3、4番手に取り上げる。

出目 晴れ→ 2連単 2=5 2-8 2-6 /  雨→ 7=5 7-8 7-2
    3連単 2=5-8 2=5-6     7=5-8 7=5-2  

選手コメント
1号車 伊藤信夫 今回は優勝戦に乗れると思わなかったので素直にうれしい。車は試走から良くなかったのでスタート勝負しかないと思った。このエンジンでは勝負にならないので一か八かで思い切った整備をする。
2号車 永井大介 昨日の夕練も今日の朝練もエンジンが良くなかったが、レース前にリングを交換したら良くなった。明日はスタートに集中して自分の展開に持ち込みたい。今日のタイヤを使う。
3号車 淺香 潤 準決勝に伊勢崎は1人だったので優出出来てうれしい。昨日とセッティングを変えていったら流れ込みが出たが、立ち上がりが開けづらいのでその辺りを考えて整備する。スタートは切れている。
4号車 人見剛志 SG初優出は感動です(笑)。車はすごくいい状態なので明日に向けては点検程度で。タイヤは今日と同じものを使う。スタートは切れている。明日も1着目指して頑張る。
5号車 田中 茂 先がないのでコーナーがスムーズに回れない。セッティングで調整する。明日はグランプリと若獅子杯の優勝戦で使ったエースタイヤで行く。明日も優勝して伝説を作りたい。
6号車 濵野 淳 エンジンは変わらずいい。昨日までドドドが酷かったが、足回りの調整をして良くなった。この延長で整備したい。明日はやっと外枠が引けたので気が楽になった。スタート集中して行く。
7号車 岡部 聡 クラッチ盤のセットを扱ったらスタートが切れるようになった。エンジンは冷えたほうがいい。タイヤは初日と2日目のものを使う。選手権連覇を目指して頑張る。
8号車 木村武之 新タイヤになって初めてのSG優出でうれしい。今日は試走から跳ねていて乗りづらかったのでスタートをメイチで切った。エンジンはセッティングで詰める。優勝目指して頑張る。

※◎=本命、◯=対抗、×=次位、△=注意

ページTOPへ